10月14日土曜日。大津の西村義博さんが冠島沖のトドグリでマダイ92.5センチ8.4キロをGET!
 この日西舞鶴の高野川港から夜明け方に出港した西村さんたちは、トドグリに到着後胴突仕掛で釣りはじめた。エサ取りのカワハギに悩まされながらも、夕方迄にマダイやハマチを数尾GET。夕方5時、あと1時間位で竿を収めなければならないので、胴突仕掛を止めフカセ仕掛に変更。何回かエサを付け替えて流した5時半頃、ラインが50m程ゆっくり出た所でいきなり引き手繰られるようにラインが飛び出していった。どんどん飛び出し120mまで出てやっと落ち着いたのでゆっくりとリールを巻き始めた。飛び出し方、強烈な締め込みといいてっきり青物と思い込む。上がってきたのは、なんと95cmの大マダイだった。後で魚拓を採る時に計ったら、氷で身がシマッタらしく92.5cmだった。