4月16
日月曜日。大津市の布施正利さんが、仏谷−児島の筏でチヌ55.5センチをGET!
 朝の7:50頃、アケミ貝の剥き身を刺して赤土ダンゴに包んで足元に落とし、暫くして刺しエサがダンゴから抜けるとモゾモゾとエサ取りのようなアタリがあったので少しラインを張って誘いをかけてみました。しかし、まだモゾモゾのアタリが続くので思い切って合わせてみたところ、ドンとした手応えだが押え込まない。すごく重たいがリールは巻ける。2mくらい巻くと横方向に走ろうとする。もしかするとチヌかも知れないと思いつつ、さらにリールを巻き続けると、ドカ〜ンと上がって来たのは大チヌでした。今にも産卵しそうな腹パンパンのチヌ。「これなら只只重たいだけだろう」と変に納得した布施さんでした。